急な出費でも、キャッシングなら即日融資可能!!キャッシングの特徴を理解しよう

急な出費でも、キャッシングなら即日融資可能!!キャッシングの特徴を理解しよう

今までお金を借り入れしたことのない方は、次のような疑問を持たれるでしょう。

「キャッシングって何?」
「キャッシングの仕組みについて知りたい!!」
「クレジットカードやカードローンとどう違うの?」

一般的なサービスであれば「とりあえず利用してみよう」と考えるかもしれません。
しかしお金の問題が関係してくると、そう気軽には利用できないでしょう。
まずは、キャッシングの仕組みについて理解するようにしましょう。

そもそも、キャッシングとは「小口の融資を受ける」という意味です。
そこから銀行や消費者金融などからの個人向け融資全般を示す言葉で使われています。
基本的には無担保・無保証で利用することができます。
提供する担保がなくても、保証人となってくれる方がいなくてもお金を借りることができます。

審査に合格すると、借入専用のカードが発行されます。
そのカードをATMやCDに投入し、現金を引き出すことで借入が成立します。
また最近のキャッシングは、融資金を指定した金融機関の口座に振り込むことも可能になっています。
インターネットや電話で利用を申し込むことで、早ければ瞬時に振り込みが完了します。

キャッシングには借入可能な借入限度額が設定されます。
借入限度額に空き枠があれば、その空き枠は基本的にいつでも自由に利用できます。
一度借入限度額いっぱいまで利用しても、その後の返済により空き枠が生じれば、その空き枠を使って追加融資を受けることができます。
借入限度額の範囲内で借入と返済を繰り返していくのが、キャッシングの大きな特徴となっています。

○クレジットカードとの違い

普段の生活でクレジットカードを利用されている方も多いでしょう。
街中のショッピングや公共料金の引き落としなどで利用する機会の多いクレジットカードは、キャッシングとは異なります。

クレジットカードは商品代金を一時的に後払いする機能を持つカードです。
直接現金を借入するキャッシングとは異なります。
ただし、クレジットカードの中には「ショッピング枠」の他にも「キャッシング枠」が設定されているものがあります。
この「キャッシング枠」を利用することで現金を借入することは可能です。

○カードローンとの違い

キャッシングとカードローンは、いずれも借入限度額の範囲内で借入と返済を行う個人融資です。
しかしこの2つには返済方法で違いがあります。

キャッシングは基本的に一括返済です。
借りたお金は翌月にそれまでの利息と合わせて一括で返済します。

一方カードローンは基本的に分割返済です。
借りたお金は毎月決められた返済日(約定日)に、それまでの利息とあわせて分割で返済します。

もっとも最近の金融業界では、この違いは非常にあいまいなものになっています。
キャッシングと呼ばれる商品でも分割返済が可能になっています。
利用する側としては名称の違いにとらわれることのないようにしなくてはいけません。
商品内容自体に注目して利用するようにしましょう。

○キャッシングの利点とは?

キャッシングの最大のメリットは、そのスピードにあります。
一般的な個人融資では申し込みを行った後、実際に融資を受けるまで日数を要することがほとんどです。
対してキャッシングでは、非常にスピーディーな借入を行うことができます。

申し込みを行い、審査結果が回答されるまで最短で30分としている商品がたくさんあります。
早ければ1時間程度でまとまったお金の融資を受けることができるでしょう。
申し込みを行ったその日に融資を受ける「即日融資」が、キャッシングの最大の売りといえるでしょう。

長い人生においては、急な出費が起こりえます。
急な飲み会の誘い、冠婚葬祭などで手元のお金が不足することもあるでしょう。
このような急な出費でも、キャッシングは十分に対応してくれます。

○キャッシング会社の種類

キャッシングを取り扱う会社には、様々な先があります。
それぞれに特徴がありますので、利用する場合には多くの情報を入手し、自分の都合に合った先を選ぶようにしましょう。
キャッシング会社の種類としては、大きく次の3つに分けることができます。

・銀行系キャッシング

普段の生活で利用する機会の多い銀行のキャッシングです。
銀行の持つ豊富な資金量を背景に、低金利と高限度額を実現しています。
低い金利でたくさん借りることができる点は、お金を借りる場合非常に大きな魅力といえるでしょう。

ただし、その分審査基準がやや厳しくなっています。
とくに既に他社で借入を利用されている方では、審査に合格するのが難しいかもしれません。
銀行融資は「総量規制」の対象外で、借入総額は年収の制限を受けません。
それでも複数借入者に対する審査は厳しく判断されます。
またキャッシングの中でも、少し審査時間を必要としている先もあります。

・消費者金融系キャッシング

街中でよく見かける消費者金融が提供するキャッシングです。
独特のCMなどですっかり身近な存在となっています。
最大のメリットは、手軽さにあるでしょう。
有人店舗や無人契約機、インターネットなどの多彩な申し込み方法から、非常に手軽に利用することができます。
ほとんどの先で「即日融資」に対応していますので、急な出費でも安心です。

審査基準も銀行系に比較して緩やかになっています。
銀行で不合格となった方でも、十分合格できるチャンスはあるのではないでしょうか。
ただし「総量規制」の対象となりますので、他社を含めた借入総額は年収の3分の1を超えることはできません。

金利面でもやや高めに設定されることが多くなります。
ただ初回の利用者に対する「無利息サービス」なども充実しており、状況次第では負担を少なく利用することも可能です。

・信販系

先の「クレジットカードのキャッシング枠」を提供している先が信販系です。
金利面では銀行系と比較するとやや高めですが、消費者金融系よりも低い。
審査面では銀行系と比較するとやや緩めですが、消費者金融系よりも厳しい。
このように、ちょうど銀行系と消費者金融系との中間的な特徴をもっています。

提携先が多くなっていますので、たくさんのATMやCDを利用することができます。
ポイントサービスなどが付与されている先も多く、サービス面が充実している点もうれしいポイントです。

最近ではIT企業などもキャッシング分野に参入しています。
競争が激しくなる分、利用者にとっては使いやすいものになってきています。

現在日本では、成人1人当たり3枚以上のクレジットカードを保有しており、10人に1人以上の方がキャッシングを利用しているといわれています。
まさに「クレジット・キャッシング大国」といえるでしょう。

その一方、多重債務に陥り返済が困難になっている方は、全国で200万人以上おられると推測されています。
多重債務とはいわないまでも、月々の返済が3ヶ月以上延滞している方は、全国で400万人~500万人以上おられるとされており、深刻な社会問題となっています。

また最近では「クレジットカードの現金化」というあらたな手法が出回っています。
クレジットカードで買い物をさせて、その商品を換金して利益を得る悪徳業者の存在が増えてきています。

キャッシングは非常に手軽に利用できる反面、このような問題を抱えることもしっかりと覚えておきましょう。

「利用する場合は計画的に!!」
「甘い誘いには乗らないように!!」

上手にキャッシングを利用して、人生を豊かなものにしていきましょう。